hondaCars香川

本州と九州を挟んだ幅わずか約700mの海峡『関門海峡』。今も日に大小約700隻の船が行き交い汽笛の音や潮騒が美しい風景に彩りを添えています。中世から近世へ、近世から近代へ、日本の国が大きく変わる時にいつもこの海峡が舞台になってきました。激動の時代を切り拓いてきた関門海峡の街、下関と門司は、海峡を挟んだ街と言ってもその趣は全く違った顔を見せてくれます。

  • 港町として古くから栄えた『唐戸エリア』の注目スポット、「はい!からっと横丁」。平成25年誕生のアミューズメントパーク。夜は施設がライトアップされ幻想的に。

  • 「海響館」では、大小65の水槽に500種20,000点の水族がいます。中でも深さ6mの水槽で泳ぐジェンツーペンギンの大編隊をトンネルで眺めたり、イルカショーなど見応えありすぎです。

  • 『長府』は、江戸時代毛利5万石の城下町として栄え、練塀や小路そして葉ずれの音が歴史を伝えています。長府の大きなお屋敷が「長府毛利邸」。22部屋もあり、明治天皇が泊まった部屋も残されています。

  • 邸内の池泉回遊式庭園は、石灯籠、楓、池などが美しく配置され最近ではパワースポットとしても注目を集めています。低い白壁に囲まれた日本庭園は、背後の景色も取り入れるため。お庭を眺めながら抹茶とお菓子もいただけます(500円)。

  • 下関唐戸桟橋から船で10分のところに浮かぶ「巌流島」。対峙する『宮本武蔵と佐々木小次郎像』からは、様々な船が行き交う関門海峡の雄大なパノラマが楽しめます。

  • 門司港は、明治の後半から横浜、神戸に並ぶ国際貿易港として栄えてきました。今も大正、昭和の建物が保存され当時のエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。今これに新しい物が混じり合い古くもあり、新しくもある不思議な魅力を持ち合わせている街。それが『門司港レトロ』と言われる今の門司港です。