hondaCars香川

岡山県美作(みまさか)市は、県の北東部にあり兵庫県や鳥取県に隣接する町です。この辺りは、古くは平安時代に編まれた『続日本書紀』にも登場する美作国(みまさかのくに)の一部です。人口は県内で最も少ない市ですが、それだけに他では味わえないのんびりとして大らかな風土の特徴ある「歴史、スポーツ、温泉の町」を作り上げています。

美作市 勝田
江戸の宿場町の面影が残る 時代劇セットのような町

 古くから鳥取(因幡)から姫路(播磨)までを結んできた因幡街道。大原宿(おおはらしゅく)・古町周辺はその宿場町として発展してきました。鳥取藩主池田候が参勤交代の際に利用した「本陣」や「脇本陣」の遺構や江戸時代後期から明治・大正期の町屋が残り、当時の宿場町の景観を今なお残しています。

美作市 武蔵
稀代の剣豪、宮本武蔵 そのルーツと秘密をたどる

 「二刀流」「巌流島の決闘」と言えば、ご存知『宮本武蔵』。美作国宮本村(現美作市宮本)で生まれ、16歳までをこの地で過ごしたと言われています。「武蔵の里」は、宮本武蔵生誕伝承地エリアの名称で、旧所、名所、顕彰施設が点在しています。「たけぞう」と呼ばれた幼少青年期の物語の絵本石碑もあり親子で楽しめます。

お近くのHondaでfreedの魅力を体感しましょう!

勝田郡 奈義町
それぞれの異空間で 全身の感覚が研ぎ澄まされる

岡山県勝田郡奈義町は、美作市の北西に隣接する小さな町です。標高1,255mの那岐山の麓にあり、自然に恵まれ『農村リゾート』とも呼ばれ、様々な農業体験もできる町としても知られています。そんな町に突如現れる巨大なアートミュージアム。思わず“なんで?”の言葉が口をついて出てきます。「奈義町立現代美術館」は、わが国を代表する世界的な建築家 磯崎新氏設計によるもので、氏のプロデュースのもと3組のアーティストへ作品を依頼し、その作品や全体の空間を作家と建築家が話合い、作品と建物とが半永久的に一体化した美術館で平成6年完成時には世界初の試みでした。ここに来ると自然や文化、芸術を大切にするという町の思いが伝わってきます。

勝田郡 奈義町
それぞれの異空間で 全身の感覚が研ぎ澄まされる

岡山県勝田郡奈義町は、美作市の北西に隣接する小さな町です。標高1,255mの那岐山の麓にあり、自然に恵まれ『農村リゾート』とも呼ばれ、様々な農業体験もできる町としても知られています。そんな町に突如現れる巨大なアートミュージアム。思わず“なんで?”の言葉が口をついて出てきます。「奈義町立現代美術館」は、わが国を代表する世界的な建築家 磯崎新氏設計によるもので、氏のプロデュースのもと3組のアーティストへ作品を依頼し、その作品や全体の空間を作家と建築家が話合い、作品と建物とが半永久的に一体化した美術館で平成6年完成時には世界初の試みでした。ここに来ると自然や文化、芸術を大切にするという町の思いが伝わってきます。

お近くのHondaでfreedの魅力を体感しましょう!

美作市 湯郷
小さな温泉街にこのスケール 絶対見逃せない驚きの連続

 美作地方には奥津温泉、湯原温泉、湯郷温泉があり、総称して『美作三湯』。全国に名をはせるお湯どころです。「湯郷温泉」は吉井川の支流吉野川の北岸にあり、平安時代に一羽の白鷺に導かれた高僧・円仁法師が発見したと伝えられています。お湯の素晴らしさはもちろんですが、じっくり探索すると大人も子供も楽しめるびっくりするスポットが点在していて、さながら『おもちゃの街』のような感じのエリアです。

お近くのHondaでfreedの魅力を体感しましょう!
お近くの店をチェック