hondaCars香川

Photo::HYBRID・L Honda SENSING(FF) インテリアカラーはブラック×ブラウン(コンビシート) メーカーオプション(Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器、プレミアムブラウン・インテリア)装着車

  • ユーティリティ・モード

    後席をたたむと、ラゲッジと一体に。荷室床面が平らになって、安定感もバツグン。

    HYBRID・F(FF) ボディカラーはスカイライドブルー・メタリック インテリアカラーはニュアンスブラック メーカーオプション(Honda SENSING、Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器)装着車

  • トール・モード

    後席の座面をはね上げることで高さ128cmの荷室空間に。

    HYBRID・F(FF)ボディカラーはルージュアメジスト・メタリック インテリアカラーはニュアンスブラック メーカーオプション(Honda SENSING、Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器)装着車

  • ロング・モード

    左側の後席をたたんで、助手席を後ろに倒せば、248cmにおよぶ長いスペースが出現。

    HYBRID・F(FF)ボディカラーはブリリアントスポーティブルー・メタリック インテリアカラーはニュアンスブラック メーカーオプション(Honda SENSING、Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器)装着車

  • リフレッシュ・モード

    前席のヘッドレストを外して、後ろに倒せば、後席と一体ののびのびとしたスペースに。

    HYBRID・F(FF) ボディカラーはプレミアムイエロー・パールII インテリアカラーはニュアンスブラック メーカーオプション(Honda SENSING、Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器)装着車

真珠のふるさと、といえば三重県志摩市。リアス式海岸が美しい湾を作っています。的矢かきで知られる的矢湾。英虞湾には、大小約60の島々や無数の真珠いかだ。青い空、紺碧の海、新鮮な海の幸。ここでしか出逢えないものがある『美(うま)し国』です。

  •  志摩半島は、熊野灘と遠州灘がぶつかる海の難所に面し、多くの灯台が活躍しています。中でも、「安乗埼(あのりさき)灯台」は、徳川幕府が燈明堂を建てたのが始まりの歴史ある灯台。全国でも珍しい四角い形で、参観灯台として上まで登れます。

  • 「志摩マリンランド」の回遊水槽では、サメ、ブリなど約50種2500匹の魚が泳いでいますが、10時から30分ごとに白い磯着姿の海女さんが餌付けをします。たまに手を振ってくれます。

  • 「賢島」を望む岬の丘にあるリゾート施設「志摩地中海村」。ゲートに一歩足を踏み入れた途端、オレンジ色の屋根と真っ白な壁が目に飛び込んできます。本場スペインの設計士による街並みは、「アンダルシアの街」「サルジニアの街」「カスティーリャの街」の、3つのゾーンに分かれています。細部までこだわったデザインで、リアルな地中海の雰囲気を楽しめます。

  •  「地中海村」の南の「英虞湾」を望む丘陵地にある「NEMU HOTEL & RESORT」。ホテルの隣の小高い丘では、毎夜午後8時から10時まで、宿泊者のために『焚き火カフェ』がオープンします。優しいBGMが流れ、焚き火でマシュマロを焼きながらコーヒーをいただく至福の時間です。天気が良ければ近くのベッドで是非星空観賞も。

  • リアス式海岸が美しい「英虞湾」を一望するならこちら標高203m横山にある「横山展望台」。絶景を独り占めです。

  • HYBRID・S Honda SENSING(FF)ボディカラーはルージュアメジスト・メタリック

  • HYBRID・S Honda SENSING(FF)ボディカラーはルージュアメジスト・メタリック

  • HYBRID・S Honda SENSING(FF)ボディカラーはブリリアントスポーティブルー・メタリック

  • HYBRID・L Honda SENSING(FF)ボディカラーはシャイニンググレー・メタリック メーカーオプション(15インチアルミホイール)装着車

  • HYBRID・L Honda SENSING(FF)ボディカラーはシャイニンググレー・メタリック メーカーオプション(15インチアルミホイール)装着車

  • RS・Honda SENSING(FF/CVT)ボディカラーはサンセットオレンジII

  • RS・Honda SENSING(FF/CVT)ボディカラーはサンセットオレンジII