Hondaは、『Safety for Everyone』の安全思想のもと『事故に遭わない社会』の実現を目指し、
リアルワールドでの実態に基づく開発を行っています。
『事故に遭わない社会』の達成に向けてHondaは早期から独自研究を進めるとともに、実用化に努めてきました。
2002年には、カメラを用いた「LKAS〈車線維持支援システム〉」を、
2003年には世界で初めてミリ波レーダーを用いた「衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉」を実用化。
そして、蓄積してきたこれらの技術をさらに進化させ、高機能化。
先進の安全運転支援システムが「Honda SENSING」です。

  • 車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合に音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告。緊急時には、自動で強いブレーキをかけて衝突回避・被害軽減を図ります。
  • 前方に障害物があるにも関わらずアクセルペダルを踏み込んだ際、エンジンの出力を抑制して急発進を防止するとともに、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告します。
  • 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、エンジン出力を抑制して急な後退を防止するとともに、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告します。
  • 約10km/h〜約40km/hで走行中に車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突しそうな際、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告。ステアリングも制御して回避操作を支援します。
  • 車線を外れそうな際、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告し、さらにクルマを車線内へ戻すようにステアリングを制御。また逸脱量が大きいと予測される際はブレーキも併用して、逸脱しないように支援します。
  • アクセルペダルを踏まずに設定した車速を保つクルーズコントロールに、前走車を検知する機能を追加。高速道路などで車速と車間を適切に制御することを支援します。
  • 高速道路など、中・高速走行時、単眼カメラで車線を捉え、車線の中央に沿って走れるようステアリング操作をアシスト。車線を外れそうな際には、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で注意を喚起します。 
  • 前走車や対向車を検知してハイ/ ロービームを自動で切り替え。良好な視界の確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度も低減します。
  • 前のクルマが発信したことを、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示でお知らせします。
  • 車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合に音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告。緊急時には、自動で強いブレーキをかけて衝突回避・被害軽減を図ります。

Photo:N-BOX G・EX Honda SENSING (FF)
ボディカラーはモーニングミストブルー・メタリック

Photo:N-BOX G・L Honda SENSING(FF)
ボディカラーはプレミアムホワイト・パールⅡ(有料色:32,400円高)

型式:DBA-JF3 0.66L CVT(トルクコンバーター付)/FF

*上記価格には写真の有料色及びメーカーオプション、
ディーラーオプションの価格は含まれておりません。
■4WD仕様車は130,680円高

型式:DBA-JF3 0.66L CVT(トルクコンバーター付)/FF

*上記価格には写真の有料色及びメーカーオプション、
ディーラーオプションの価格は含まれておりません。
■4WD仕様車は130,680円高

Photo:フリード+ HYBRID G・Honda SENSING(FF)ボディカラーはシトロンドロップ
メーカーオプション(1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム、Honda インターナビ、Sパッケージ)装着車

型式:DAA-GB7 1.5L i-VTEC+i-DCD FF/7速デュアルクラッチトランスミッション車
上記価格には写真のメーカーオプションの価格は含まれておりません。

フリード+ HYBRID G・Honda SENSING(FF)

※装着するメーカーオプションによって燃費消費率は異なる場合があります。

Photo:ヴェゼル HYBRID RS・Honda SENSING ボディカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック(59,400円高)

型式:DAA-RU3 1.5L i-VTEC+i-DCD
FF/7速デュアルクラッチトランスミッション+パドルシフト車
左記価格には写真の有料色の価格は含まれておりません。

ヴェゼル HYBRID RS・Honda SENSING