hondacars香川

エコドライブ、美しい環境とモビリティの楽しさを次世代へ。

時代を開いてきた海峡で、明日を拓く旅

山口県下関

時代を切り拓いてきた海峡、歴史と文化の十字路

 本州と九州を挟んだ幅わずか約700mの海峡『関門海峡』。今も日に大小約700隻の船が行き交い汽笛の音や潮騒が美しい風景に彩りを添えています。中世から近世へ、近世から近代へ、日本の国が大きく変わる時にいつもこの海峡が舞台になってきました。時代を動かすエネルギーがこの海峡から生まれました。激動の時代を切り拓いてきた関門海峡の街、下関と門司は、新しい年を迎えるにふさわしい街ではないでしょうか。海峡を挟んだ街と言ってもその趣は全く違った顔を見せてくれます。本州最西端の山口県下関市だけでも様々な魅力を発信しています。港町として古くから栄えた『唐戸エリア』は、注目スポットが続々誕生し、元気いっぱいです。『門司港エリア』はレトロな建物が保存されオシャレな街に。日本の歴史が動く時、いつもここが舞台となった『壇之浦』。『長府』は、江戸時代毛利5万石の城下町として栄え、練塀や小路そして葉ずれの音が歴史を伝えています。

1.唐戸エリアの注目スポット、「はい!からっと横丁」。平成25年誕生のアミューズメントパーク。夜は施設がライトアップされ幻想的に。 2.「海響館」では、大小65の水槽に500種20,000点の水族がいます。中でも深さ6mの水槽で泳ぐジェンツーペンギンの大編隊をトンネルで眺めたり、遠くチリでの生態をそのまま再現したフンボルトペンギン(3)やシロナガスクジラの全身骨格標本(4)、イルカショー(5)など見応えありすぎです。 6. 源平合戦で敗れわずか8歳で入水した安徳天皇を祀る「赤間神宮」。 7.「カモンワーフ」は、レストランや関門の海産物、お土産店などのショップが並ぶシーサイドモールです。 8.「みもすそ川公園」内にある「攘夷戦砲台跡」では100円で発射音と煙の演出が楽しめます。 9.同公園の「壇之浦古戦場跡」では源義経・平知盛両雄の像が。

虎ふくコース
旨味あふれる、虎ふくコースに舌鼓。至福の時間を堪能。

 名前の通りの国民宿舎「海峡ビューしものせき」さん。全室から関門海峡が望める最高の場所にあります。瀬戸内国立公園火の山山麓にあり、海峡を行き交う船の汽笛を聞きながら海峡にまつわる歴史ロマンに思いを馳せ心と体を癒す・・・こともできます。でも何と言っても下関と言えば冬の食の王様『ふく』!下関ではフグのことを福を招くようにと『ふく』と言います。レストラン アヤソフィアで王道のふく刺しから出汁の効いたふく雑炊までいただき大満足でした。

海峡ビューしものせき

下関市営国民宿舎
海峡ビューしものせき

住所/山口県下関市
みもすそ川町3-58
お問合せ/083-229-0117

お近くのHONDAでfreedを体感しましょう
福岡県門司
福岡県門司

元気な時代を今に活かす街「門司港レトロ」

 門司港は、明治の後半から横浜、神戸に並ぶ国際貿易港として栄えてきました。今も大正、昭和の建物が保存され当時のエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。今これに新しい物が混じり合い古くもあり、新しくもある不思議な魅力を持ち合わせている街。それが『門司港レトロ』と言われる今の門司港です。商業施設も充実しており、ミュージアムや美術館など歴史やアートを感じる場所が数多くあります。車を降りて、この『門司港レトロ』をあちこち散策すると意外なところに意外な出会いがあります。今や門司港発祥のご当地グルメ『焼きカレー』のお店や、バナナの叩き売り発祥の地というのもあります。日本で最大級の歩行者専用の跳ね橋、関門海峡ミュージアムの『海峡歴史回廊』では個性あふれる人形で歴史を表現しています。往年の実物の車両に触れ、運転シミュレーターもある「九州鉄道記念館」など、狭いエリアですが一つ一つの施設が輝き、時が経つのを忘れてしまいます。

1.門司港レトロのハーバーデッキ付近から。背後は「旧門司税関」。明治45年建造の練瓦造瓦葺屋根の建物。 2.夜の「ブルーウイングもじ」はライトアップされロマンティック。 3.「プレミアホテル門司港」の玄関にて。イタリア建築界の巨匠アルド・ロッシによる門司港レトロのランドマークです。 4.「門司港駅舎」保存修理工事現場では、見学デッキが設けられ工事の様子が見られます(無料)。夜になると工事塀には、門司に住むイラストレーター黒田征太郎さんの作品がライトアップされていました(2018年3月末まで)。 5.「ブルーウイングもじ」は1日6回、橋が音楽に合わせて跳ね上がります。「恋人の聖地」にも選定されていて、跳ね橋が閉じて最初に渡ったカップルは一生結ばれるそうです。 6.国の登録有形文化財に登録された旧九州鉄道本社を利用した「九州鉄道記念館」。鉄道の歴史を学んだり、C59型、9500型など列車の実物展示や、ミニ鉄道もあり子供連れで賑わっていました。

門司名物焼カレー
美しい夜景を格調高い空間から眺め、大人の時間を楽しむ

 「プレミアムホテル門司港」の最上階にあるバー「テンポ」。バーカウンターからはライトアップされた関門橋や対岸の下関市街の夜景が広がり、いやがうえにも気分が高まってきます。美しい夜景を眺めながら格調高い雰囲気の中でいただくお酒とお料理。冬季にはアンティークな暖炉に火が入れられます。大切な人や自分自身にじっくり向き合える、ここでしか味わえないとってもラグジュアリーな時間を過ごせそうな気になります。

プレミアホテル門司港

プレミアホテル門司港

住所/福岡県北九州市
門司区港町9−11
お問合せ/093-321-1111

バー「テンポ」

バー「テンポ」

営業時間/19:00~23:30
(L.O.23:00)
休業日/無休

1.門司の喫茶店のまかないから発祥したと言われる門司名物焼カレーもしっかりあります。写真は「門司港名物焼カレー(1,300円税込)」。 2.人気の朝食バイキング。新鮮な野菜や分厚い銀鮭など朝から超ハッピー。 3.バーテンダーの柳本麻衣さんにオリジナルカクテルを作っていただきました。

お近くのHONDAでfreedを体感しましょう
お近くのお店をチェック